土用とは

土用とは立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のこと。
それぞれの季節の終わりに当たる、季節が交代する期間を指しています。
もとは土旺用事(どおうようじ)という言葉が省略されたもので、ちょうど季節が入れ替わる時期のそれぞれ春夏秋冬にあるので計4回というわけです。

2017年は7月19日から8月6日までが夏の土用で、今年は丑の日が2回。
一の丑は7月25日で、二の丑が8月6日に当たります。

土用の丑の日にどうしてうなぎを食べるの?

土用の丑の日にうなぎを食す習慣ができたのは江戸時代の頃。

当時売れ行きに悩んだうなぎ屋が、蘭学者である平賀源内に商売繁盛の助けを求めたのだとか。
平賀源内は、「丑の日に”う”のつく食べ物を食べると夏バテしない」という言い伝えから「本日土用丑の日」と書かれた張り紙を店先に出すことをうなぎ屋に提案したことがきっかけだそう。

その結果、評判を呼んで店は大繁盛。そこから夏の土用=うなぎを食べる習慣が根付いたといわれています。

うなぎは脂質やタンパク質を多く含むため夏バテ予防にピッタリ。
ビタミンA・B群・D・Eなども豊富でとても栄養価の高い食べ物です。
夏の土用の頃は暑さがグンと強まり、体調を崩しやすいのでうなぎはこの時期に最適な食べ物だといえるでしょう。

土用に食べるのは「う」がつくもの

土用に食べる食べ物は、うなぎの他にも名前に「う」がつくものがよいといわれています。

疲労回復に「梅干し」

クエン酸たっぷりの梅干しはエネルギーの代謝をスムーズにしてくれ、疲労回復や肩こりに効果的。
また梅干し特有の酸味は、暑さで落ちる食欲も増進してくれる効果があります。

ツルツルと食べやすい「うどん」

うどんは消化吸収に優れているため、食欲がない日ものど越しよくツルツルと食べやすいので夏にぴったりです。

きゅうりやすいかなどの「瓜(うり)」

きゅうりやすいかなどのウリ類は夏が旬の食べ物です。
利尿作用や水分補給に最適なので、体の熱を下げてくれたりと夏の体調を整えるのによいとされています。

土用の丑の日でこの夏も元気に過ごそう

うなぎは年々価格が高騰しており普段はなかなか手が出ないものですが、土用の丑の日だけは奮発!という方も多いかもしれませんね。

丑の日はうなぎに限らず「う」のつく食べ物をしっかり食べて、夏負けせず元気に過ごしましょう!

関連するまとめ

梅子黄と梅仕事

季節の区切りを言葉で表現した七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間)のひとつ、「梅子黄(う…

商売繁盛を願う行事、えびす講

日本中の神様が出雲大社へ集うため、各地の神様がいなくなるといわれている10月。 その間留守を守ってくれるのが…

無病息災を願っていただく「鏡開き」

1月11日は鏡開きを行う日。 「割る」や「切る」ではなく「開く」という言葉が使われる鏡開き、一体どんな風習な…

関連するキーワード