リコピンたっぷり「トマト」

今では一年中出回っていますが、トマトは夏が旬真っ盛り。
旬のものは味も栄養価もピークです。
トマトはビタミンやミネラルを多く含み、脂肪の代謝を助けてくれる夏の強い味方。
そしてトマトを赤くするリコピンという色素は強い抗酸化物質を持っています。
トマトのリコピンはβカロテンの約2倍の抗酸化作用があるといわれており、ガンや動脈硬化の予防に期待できるでしょう。

トマトのおいしい食べ方

トマトはヘタが緑色で、ツヤが良くハリのあるものがおいしいといわれています。
輪切りやくし形切りでサラダに、パスタに合わせて、スープとして…と色々楽しめる野菜です。

暑くて火を使いたくない、そんな日は夏野菜のオクラを加えてささっとできるサラダで決まり。
ポン酢があれば手軽に作れますので、是非試してみてくださいね。

夏の体にピッタリ「とうがん」

夏野菜ですが、名前に冬がつく「冬瓜(とうがん)」。
他のウリ科が姿を消した冬まで保存がきくことから、この名が付けられたといわれています。

とうがんはカリウムが多く含まれているので、利尿作用・腎臓病に効果的。
また、とうがんは解毒や毒消しといったデトックス効果があるといわれ、夏の薬膳食材として愛されています。
カロリーも低いのでダイエット向きの野菜といえるでしょう。

とうがんのおいしい食べ方

とうがんは成熟すると表面に真っ白い粉をふいてきます。丸のまま購入する際は、形が整っていて傷のないものを選びましょう。

とうがんは癖がなく淡白なので持ち味を生かした料理法がぴったり。
ご紹介するレシピはだし汁で煮含めたあんかけ。
柔らかく煮たとうがんは甘みが増して本当においしいですよ!

夏の風物詩「スイカ」

スイカは四千年以上も前からエジプトにて栽培されていたそう。
その後いろいろと品質改良されながらも、世界各地で多くの人たちに食べ続けられて現代に至ります。
今では特にお子さまに大人気の果物の代表といえるでしょう。

スイカはウォーターメロンと呼ばれるように水分を沢山含むフルーツで、そのため利尿効果で腎臓やむくみに効果的。
ナトリウムの排せつを促し、血圧を下げる作用があるカリウムが沢山含まれているので高血圧性の予防にも効果が期待できます。

スイカのおいしい食べ方

スイカはずっしり重く、ツヤがあるものを。
カットされたものを購入する際は種が黒くツヤがあり、種の周囲が緩んでいないものがおすすめです。
しっかり冷やしていただきましょう。

スイカがたくさん手に入ったら、洋酒を使った、こんなオシャレなデザートはいかがでしょうか?

夏の旬の食材で、暑さに負けない体づくりを

関連するまとめ

旬をいただこう!~立秋編~

暦の上では秋の始まりを意味する「立秋」。 毎日の暑さからはちょっと想像できませんが、見上げる空に秋の雲をみか…

旬をいただこう!~睦月(1月)編~

冬に旬を迎える野菜やフルーツは、厳しい寒さに耐えるために糖度がぐっと上がるので味が濃縮されるといわれています…

冬の万能野菜「小松菜」

四季を通じて出回っている小松菜ですが、「冬菜」という別名があるように初冬が旬です。 ちょうど今の時期くらいか…

関連するキーワード