二百十日とは

二百十日は立春から数えて210日目の9月1日〜2日頃のこと。
この時期は台風が多く発生する頃ともいわれており、農家の方たちの厄日として昔から警戒されてきました。

また、旧暦の8月1日である「八朔」と、立春から220日目である「二百二十日」も同様に厄日と考えられており、二百十日とあわせて三大厄日と呼ばれています。

収穫を間近に控えた秋、この時期の台風の被害は非常に大きな打撃であるため、各地では被害を避けるための行事やお祭りが行われているそうです。

風祭

かぜまつりの他にかざまつりとも読み、収穫を間近にした農作物を暴風から守るため、風を鎮めるため神に祈願する祭りです。
二百十日前後だけでなく、地方によっては9月ではなく正月や春に行うところもあります。

日本全国で行われていますが、奈良県の竜田神社・新潟県の彌彦神社で行われる風神祭や、兵庫伊和神社の風鎮祭などが非常に有名です。

富山八尾町の「おわら風の盆」

毎年9月1日~3日に富山市八尾町で行われるお盆と風祭りが合わさったものが「おわら風の盆」です。

おわらは非常に歴史が深く、始まりは元禄の頃といわれています。

おわら節に欠かせない胡弓をはじめ、三味線、太鼓、尺八などが鳴り響く中おわら節に合わせて菅笠をかぶった踊り手が町中を踊り歩くお祭り。
踊りは農作業の動きを表した豊年踊り、四季踊りと呼ばれる女踊り、カカシ踊りと呼ばれる男踊りの3つあり、非常にムード溢れる舞として知られています。

毎年この時期はたくさんの人で賑わい、来訪者の心を引きつけて離さない魅力がいっぱいです。

二百十日の前後は台風に十分注意を

台風警戒の目安となる二百十日。
現在は台風は二百十日よりも若干遅い頃にやってくる傾向にありますが、農家の方にとって大きな憂い事であることに変わりありません。

そして収穫の秋はもうすぐです。
農家の方たちが丹精込めて育ててくださった農作物が大きく実る頃。
できるだけ穏やかに秋を迎えられるよう、心から祈るばかりです。

関連するまとめ

商売繁盛を願う行事、えびす講

日本中の神様が出雲大社へ集うため、各地の神様がいなくなるといわれている10月。 その間留守を守ってくれるのが…

11月23日は「勤労感謝の日」

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」を目的とした祝日「勤労感謝の日」。 由来を知り、改めて…

無病息災と子孫繫栄を願う亥の子祝い

11月1日は今月最初の亥の日。 旧暦の10月の第一亥の日は「亥の子祝い」という年中行事があります。 あまり聞…

関連するキーワード