秋の花粉 草本花粉とは

草本花粉という言葉をご存知でしょうか。

草本花粉とは、カモガヤのようなイネ科・ブタクサやヨモギ類のキク科などの雑草の花粉のこと。
特に夏にぐんぐんと育つイネ科は公園や河川敷、道路の脇など私たちの生活圏に比較的近い場所に生息しており、秋に多く飛散します。

雑草はスギなどに比べて背が低く飛散距離が短いのが特徴で、数十メートルの範囲で花粉が飛散するそうです。

草本花粉を乗り切るために

花粉の強い症状が出てしまってからは治療にも時間がかかります。
草本花粉を乗り切るために、事前に行動できることをまとめました。

花粉を持ち込まない

花粉対策としてマスクやメガネは基本中の基本ですが、外から帰ったら洋服についた花粉を払ってから家に入る癖をつけましょう。
その後は手洗いうがいだけでなく、洗顔や鼻をかむことも花粉対策として効果的です。

花粉に近づかない

花粉の飛散量が多いと予想される日は外出をできるだけ控える、土手や河川敷など飛散距離の短いイネ科の雑草が生息する場所になるべく近づかない、など花粉を自ら遠ざける行動が大切です。

河川敷でウォーキングやジョギングを習慣にされている方は事前にコースをチェックしてみてくださいね。

洗濯物や布団も花粉対策を

つい忘れてしまいがちですが、洗濯物や布団にも花粉対策が必要です。
風が強い日は洗濯物を部屋干ししたり、布団を取り込む際によくはたいたりなどして、できるだけ家の中に入れないように工夫しましょう。

花粉対策のカバーや洗える布団も効果的

花粉の付着を防止する布団用のカバーや超極細繊維を高密度に織り上げてつくられたシーツを使用することもオススメです。

そして花粉はもちろん、アレルギー対策として最も注目されているのが洗える布団。
赤ちゃんや小さなお子さまをお持ちの方、布団をいつも清潔に保ちたいとお考えの方には定番として取り入れられています。
カビやダニの繁殖を防ぐためにも非常に効果的ですので、洗える寝具はオールシーズンできる対策として非常に役に立つといえるでしょう。

草本花粉の対策は早めの準備を

関連するまとめ

重曹は家事の強ーい味方

家事に重曹を活用している方が増えているようです。 幅広い使いみちと環境へのやさしさが人気の重曹は、色々な家事…

家庭のごみ、量を減らしてなるべく小さく

私たちが生きていく上でごみはどうしても出てしまうものです。 しかし、生活をちょっと見直すだけで量を減らせるご…

「いつもありがとう」気持ちと一緒に渡すプチギフト

職場の同僚や友人、いつも助けてくれる人たちへお礼をしたい時、どうしていますか? 大きなお礼だと逆に相手に負担…

関連するキーワード