喪中ハガキとは

喪中ハガキは「年賀欠礼状」とも呼ばれています。
1年以内に2親等以内の親族で同居または同居に近い暮らしをしていた方に不幸があった際、年賀状を辞退させていただく旨を伝える書状のことです。
故人の1親等は両親・配偶者・子、故人の2親等は兄弟姉妹・祖父母・孫となります。

ただしどこまでの方に不幸があった場合に出すといった線引きは、はっきりとルールで定められているものではありません。

故人と親しい関係であった場合などは差出人の気持ちを優先し、同居している・していないにかかわらず喪中とする方も多いようです。

宗派や地方によっても変わりますので、2親等以内というのはひとつの目安にされるとよいでしょう。迷ったらご家族やご親族に事前に相談されることをおすすめします。

喪中とは

喪中とは、家族など近親者が亡くなってから1年を「喪中」と呼びます。
喪の期間は近親者の死を悼むことを意味し、慶事や派手なレジャーを辞退することを「喪に服す」と表現します。

喪中ハガキはいつ送るの?

喪中ハガキは年賀状の送付を辞退するためのもの。
年賀状を毎年交換している相手が準備をする前に届く必要がありますので、11月下旬から12月上旬までに相手に届くように送るのが一般的です。

ただしこちらも必ずこの期間にというわけではなく、不幸は突然やってくるものですので少し遅れてしまっても問題ありません。

どうしても間に合わなかった場合は無理せず、松の内(1月7日)が開けてから寒中見舞いという形で年末年始のご挨拶ができなかったお詫びと挨拶をしましょう。

喪中ハガキは誰に出す?

喪中ハガキは今まで年賀状を交換していた相手や、故人がお付き合いされていた方に代わり、ひとことメッセージを添えて出すのが一般的。

ただし、知らせることで相手に気を遣わせてしまうことが考えられる場合や、ビジネスでのお付き合いでは公私を分けて考え、通常通り年賀状を出すことがマナーと考えられているようです。

通常は年賀状のやり取りのあるすべての方に送るのですが、
知らせることにより余計な気遣いをさせたくない場合や、
プライベートな接点がない場合は、年賀状を出すこともあるようです。
故人との関係や差出人の心情に合わせて判断して問題ありません。

喪中ハガキを受け取ったら・・・

喪中ハガキはあくまで差出人が年賀状を辞退させてもらうことをお詫びする年賀欠礼であるため、
相手へ「年賀状を送らないでください」という意味あいを持つものではありません。

しかしご自身が喪中ハガキを受け取る側になった際には、お相手のお気持ちを配慮し、年賀状は控えるのがよいでしょう。

喪中ハガキを受け取る前に年賀状を投函してしまったら

喪中ハガキが届く前に年賀状を準備してしまい、投函してしまったというケースもありえます。
その際は可能であればお電話にてお詫びを、または年明けに寒中見舞いにて喪中を知らなかったことのお詫びとお悔やみをお伝えしましょう。

まとめ

今回は喪中ハガキにまつわる基本マナーについておはなししました。

年末は色々と忙しく慌ただしくなりがちですが、お相手に失礼にならないよう喪中ハガキを出すタイミングなどには気を配りたいものですね。

関連するまとめ

年始に想いを届ける「年賀状」

お正月といえば年賀状。まさに今準備真っ最中という方も多いかもしれませんね。 スマートフォンやタブレットの普及…

結婚祝い、お祝い金の相場について

秋は結婚式シーズン。 招待を受けたらご祝儀の準備も必要ですね。 慶びの日に失礼のないようマナーを知っておくこ…

幸せのおすそわけ、内祝いの基本

贈答にはさまざまなマナーやルールが存在します。 今回は「内祝い」にフォーカスを当て、本来の意味や基本マナーに…

関連するキーワード