快眠は毎日の生活の源

快眠は、毎日を元気に楽しく過ごすための源になるもの。
一日の疲れを癒し、次の日へのエネルギーを養うために快眠は必要不可欠です。
しかし快眠といっても、適した睡眠時間は人それぞれなのでたくさん眠ればよいというわけではありません。

心身ともに身体をゆっくりと休める質のよい眠りこそが快眠です。
快眠は、アクティブで健康的な一日を送る大切な要素と言えるでしょう。

快眠のためにできる環境づくりとは

快眠が大切とはわかっていても、「これを行えば必ず快眠できる!」のような確実な方法があるわけではないので難しくもあります。
ですが快眠を得るための環境づくりなら、ちょっとした工夫次第でできるものです。

心と体のリラックス

眠る前に、体と脳の状態をリラックスさせましょう。
好きな音楽を聴く、アロマオイルを焚く、ぬるめのお風呂に浸かる、温かい飲み物を飲む…など
推奨されているリラックス方法はいくつかありますが
できるだけ自分が心地よいと感じること、心身がほっと緩まって心の底からリラックスできると実感できることを選びましょう。

眠る前の儀式として習慣化してしまうとよいですね。

眠る前は照明を落として

快眠を得るためには眠りに入る準備が必要です。
明るすぎる室内照明は「交感神経」が優位な状態になるため、脳が覚醒されて眠りを妨げられてしまいます。
光の量が減ると、メラトニンの分泌が高まるので、眠気が早く訪れます。
寝室は温かみのある間接照明にするなど、柔らかい光がオススメです。

就寝・起床時間を一定にする

なかなか難しいかもしれませんが、入眠時間を安定させることも快眠の秘訣。
毎朝決まった時間に眠り、同じ時間に起きる。体内時計を整えることも眠りを誘う環境づくりのひとつです。

ストレッチを眠る前の習慣に

眠る前に軽く体を動かすと副交感神経が働き、自律神経を正常化するそうです。
体を動かすと体も温まりますので、程よい疲れが眠りの準備になりますね。
ポイントは無理をしないこと。運動というよりは手足を動かす、体をゆるく伸ばすなどのストレッチがちょうどよいでしょう。

寝具や寝巻きにこだわってみる

ふかふかの枕、肌ざわりの良い毛布、身体を締め付けない天然素材のパジャマなど
心地よいと感じる寝具や寝巻きにも気を配ってみてはいかがでしょうか。
寝具や寝巻きは何を選んでも同じでは?と思いがちですが
毎晩身につけるもの、毎晩使うものが大好きな素材で心地よいと感じる幸せな気持ちも快眠に繋がります。

ブランケットやシーツ類は季節に応じて素材を変えることがポイント。
夏であれば吸湿性・通気性に優れた天然素材(コットンやリネン、ダブルガーゼなど)
冬であれば肌触りが良く温かみのあるフランネルやフリースがおすすめです。

関連するまとめ

快適な眠りのための小さなヒント

気温が下がり、とても過ごしやすい季節になりましたね。 それとともに秋は運動会や文化祭など行事も多く、公私とも…

重曹は家事の強ーい味方

家事に重曹を活用している方が増えているようです。 幅広い使いみちと環境へのやさしさが人気の重曹は、色々な家事…

たくさんの想いや願いが込められた「絵馬」

受験シーズン真っ盛り。 今週末は大学入試センター試験もあり、受験生にとって一番大切な時期ですね。 受験といえ…

関連するキーワード