バレンタインデーの起源は?

バレンタインデーの起源をご存知でしょうか。

バレンタインデーは英語にすると「Saint Valentine’s Day」。
「バレンタイン」という人の名前が含まれています。
起源については諸説あるのですが、そのうちのひとつをご紹介しましょう。

バレンタインデーは、西暦3世紀のローマでの話で、殉職した司祭バレンタインに由来した記念日です。
当時の皇帝クラウディウス2世は家族を恋しがって戦争に出たがらない若者たちに対し、結婚を禁止したそうです。
これに反対した司祭バレンタインは、内緒で結婚を勧めます。
そんなバレンタインの行いが皇帝に知られてしまい、2月14日に処刑されてしまったという非常に切ないストーリー。

のちにこのバレンタインは愛の守護神とされ、殉職した日である2月14日が記念日となったという説が残されています。

日本でバレンタインデーがスタートしたのは

日本でこのバレンタインデーが本格的に広まったのは、戦後のこと。
洋菓子店が「バレンタインデーには愛する人にチョコを贈りましょう」といった広告を新聞に出したのが始まりだそうです。

それに続くように製菓会社やデパートなどでさまざまなキャンペーンが行われ、女性から男性へチョコレートを贈る日として定着するようになったといわれています。

現代のバレンタイン事情は?

バレンタインデーは日本でも2月のビックイベントと呼べるくらい定着し、チョコレートにもいろいろな贈り方があるようです。

仲の良い友達に贈る「友チョコ」、会社の上司や得意先など挨拶として贈る「義理チョコ」、自分へのご褒美として自分のために用意する「自分チョコ」など、バレンタインデーの楽しみ方は様変わりしています。

そして先日、某チョコレートブランドが新聞に掲載した「義理チョコは廃止しよう」の広告が話題になっており、これに関してインターネット上で賛否両論上がっていたようです。

日本の暮らしが考えるバレンタインデー

バレンタインデーは純粋に周りの人に好意や感謝を示すことができる、シャイな日本人にとってよい機会だなと思います。

もちろん義務感や慣習だからと渡す側が苦痛になってしまったり、受け取る側がプレッシャーになってしまったり…。それは本意ではないでしょう。

無理しないで、と言われても通年の慣習でなかなか自分だけやめられない、と誰にも打ち明けられずに悩んでいる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

義務は絶対によくないけれど、気持ちを形にすることや、バレンタインデー自体を一イベントとして楽しむ気持ちは素敵だと思っています。

甘いものは人を幸せにします。贈り物は、贈る側も贈られる側も笑顔にします。

バレンタインデーのあり方についてとらえ方はひとそれぞれですが、イベントを楽しめることはとても幸せだなあと思う今日この頃です。

皆さま素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい!

関連するキーワード