February 3rd is the day of Setsubun.

2月3日は「節分」です。

Setsubun refers to the day before the beginning of each season.

もともと節分とは、季節の始まりの前日のことでした。

Setsubun literally means ”division of seasons.”

It is used to mark the end of winter and summer, and is derived from the old lunar calendar.

However, ”setsubun” has now come to mean the day before the first day of spring only.
It usually occurs around February 3rd.

節分は文字の通り「季節の変わり目」を意味します。

旧暦では冬と夏の終わりを表していましたが、今では春の初日の前日だけを指すようになりました。
節分は毎年、2月3日です。

On Setsubun day, we useally throw away beans with saying 「Oni wa soto, Fuku wa uchi」!!
(means,「Get out devils, so Happiness come in!」)

This is called “Mame-maki” in Japanese.

節分では豆を投げながら「鬼は外!福は内!(Oni wa soto, Fuku wa uchi)と言います。

これが豆まきです。

After throwing the beans, people customarily eat one roasted soy bean, mame, for each year of their age, and pray for happiness throughout the year.

豆まきが終わったら、豆を年の数だけ食べその年の幸せを願います。

Setsubun meant to wish for good health and happiness and to keep away bad luck!

節分は健康と幸せを願って悪運から遠ざけるイベントなのです。

お正月も終わってバタバタと日常に戻る頃にはすでに街のスーパーで豆まき用のお豆が売られ、時の流れの速さに毎度ながらドキッとします。

どんなイベントにも由来や意味があり、全て家族の幸せの願いに通じているんだと思うと
おろそかにせず、かといって無理をせず
いつも楽しみながらイベントと寄り添い暮らしていきたいと思うのです。

関連するキーワード